7/22  葬式で有ったことなど

先月はあんなこと言いましたけど初めてのお葬式は色々真新しい部分も多かったので自分用の覚書も兼ねてちょろっと書き残しておこうと思います。

  • 費用は総計80万オーバー
    プランとしては30万円くらいの友人葬コースを選択。ただしプラン外の追加料金(飲食費やら何やら)でみるみるうちに80万円超に。
    もちろんたくさんの人がやって来る以上仕方がない面は多々ありますが倍以上になったのは正直驚きが大きかったです。
    香典が30万円になったので香典返し分を除いて約60万程度が実費になった感じです。

  • 納棺師さんがすごい
    葬儀場の担当者さんと話してる時に「納棺師は頼みますか?」って言われて、「何をする人なんですか?」と聞いたら「死化粧なんかをしてくれる人です」って言われてあんまりピンと来なかったんですけど、とりあえずお願いしてみました。
    けれど実際に作業を見てみたらコレがすごい。
    故人の化粧のために鼻や口の奥に綿をぐっと詰めたり、遺族が集まってる前で全身の湯灌(ゆかん)を丁寧に行なったり。全部終わったらすごく見栄えが良くなりました。
    もし頼まなかったら自分たちでやったり、あるいはせずに葬儀するんでしょうか。

  • 斎場の宿泊施設が豪華だった
    下手な温泉旅館よりも豪華な部屋でした。テレビ冷蔵庫電子レンジマッサージチェア付きのリビング、ピカピカのジェットバス。
    まぁ存分に堪能出来るような状況じゃありませんけどね。

  • 火葬場でおなじみ?の喉仏談義
    噂に聞いたことありましたけどホントにやるんですねあれ。

今回初めて会ったような親戚がいたり、友引を挟んで余裕があったので家の大掃除をしたり、結局一週間丸々掛かりました。
正直、亡くなった祖母に会うまで色々と考えて覚悟を決めていたんですが実際会ってみると思ったよりも大したことはありませんでした。
ほんとにただ眠ってるだけ、みたいで……。
もちろん触れれば冷たいし、床ずれ?か何かで腕とかも痛々しくなってたんですけど、ただ見るぶんには寝てるようにしか見えませんでしたね。

まぁ、次の葬式は順当に行けば父母になるのでしばらく間が空く、と思いたいですしそうなるように願っています。
以上。